IR INFORMATION投資家情報

トップメッセージ

時代の変化を捉え、
人々の生活になくてはならない存在へ

株式会社トレジャー・ファクトリー
代表取締役社長
株式会社トレジャー・ファクトリー 代表取締役社長 野坂英吾

株主の皆様、トレジャー・ファクトリーへの投資をご検討されている皆様へ

この度はトレジャー・ファクトリーへ投資いただき、またはご関心をお寄せいただき、誠にありがとうございます。

当社は、総合リユース事業のリーディングカンパニーとして常に新しい取り組みを続け、1995年の創業以来、国内外での多店舗展開、リユースを軸とした様々なサービスの進展などにより連続増収を達成し、現在では売上高200億円、グループ店舗数200店を見据える規模となっております。

商品ジャンルや価格帯を特化させた専門業態の開発、M&Aによる新規事業や新業態の獲得など、次の成長を担うビジネスに投資し、現在はグループ企業を含め8つの業態と2つのサービスを展開しております。こうした成長のための新規投資において重要視していることは、既存ビジネスとの相乗効果です。新しいことへのチャレンジがこれまで成長させてきたビジネスを加速させ、企業全体としてお客様に提供できるサービスの価値を高めることが、更なる飛躍への最良の策と考えております。

当社がビジネスを展開するリユース業界は、今だかつてない広がりを見せ始めています。これまで大事に扱われてきたモノを、新しい価値を見出した次の購入者が利用する。このリユースの流れは、デジタル社会やネット経済、シェアリングエコノミーが拡大する昨今の環境下において、加速度的に流通業の大きな位置を占めると考えられます。この追い風である市場環境の中、当社は現在のビジネスの中心である店舗での買取・販売はもとより、実店舗の強みを活かしながらネットサービスとも連携を強め、店舗とネットが一体となってビジネスを推進することで、次のステージへの発展を計画しております。

更には、人々のライフスタイルや生活環境の変化に伴う新たなニーズを捉えた事業開発も進めて参ります。例えば高齢化が進んだ昨今では介護施設に入居される方が増え、それに伴う引越や所有品の処分など、リユースの新たな需要が生まれております。
時代の変化に応えて当社も変化をし続けることで、人々の生活になくてはならない存在を目指していきます。

当社自身、粗大ごみが有料化するタイミングで生まれ、モノを捨てることへの意識が変化していった時代の動きと共に発展した企業でもあります。時代に合わせて変化し、人々の生活に寄り添い続けることで、株主様、当社への投資を検討されている皆様の期待以上の成果を出せるよう邁進してまいります。ご期待とご支援の程、どうぞよろしくお願いいたします。