キャリアプラン

キャリアプラン

Career Plan

“人を大切にする想い”が根づく社風、様々なキャリアに挑めるフィールドがあります。

Q1. 主なお仕事内容は?
店舗での接客や買取業務をメインに行っています。メンテナンスやレイアウト変更のほか、私の勤務している店舗では、WEBショッピングやオークションへの出品も行っているので、出品する商品の撮影などもしています。リユースショップなので、ディスプレイにはトレンドのアイテムを常に展示できるわけではなく、買い取ったアイテムの中でいかに“雰囲気”を作りだすかというところに面白さを感じています。
Q2. 他のショップとの違いは?
例えば、一般的なブランドショップでは、マネキンをディスプレイするにも上から下まで指示書通りにアイテムを着用させる事が多いのですが、トレジャーファクトリースタイルでは買い取ったアイテムの中から、“自分で考えて選んでディスプレイをする”という部分が大きく異なりますね。しかも、すべて一点モノなので毎日飽きません(笑)。
Q3. 「トレジャー・ファクトリー」の魅力は?
本当に様々なジャンルのアイテムをお取り扱いしているという事ですね!トレジャーファクトリースタイルでは古着を扱っているのですが、メンズからレディースはもちろん、ノーブランドからハイブランドまで自分の興味のなかった分野に詳しくなれます。毎日初めて見るものがほとんどなので、わからないから自分で調べて知識がついて…という部分で“自分自身が成長している”、“飽きることがない”、そこにみんな魅力を感じているんじゃないかなって思います。
CLOSE
Q1. 主なお仕事内容は?
ストアスタッフのお仕事に加えて、副店長として店長のサポートをするという役目があります。今までの“指示をされた事をやる”という立場から、お店の運営も考えてスタッフに指示をするようになった事が大きく変わりました。店長がいない時に自分が責任をとるという部分では、買取金額の最終決定や、不測の事態が起きた時などの対処もするので、“自分がちゃんとしなきゃ”と思いながら勉強しています。要は店長になるための練習期間ですね!
Q2. 「トレジャー・ファクトリー」を選んだ理由は?
内定をもらった数社で悩んでいたときに、対応がすごくよかった事が決め手になりました!それは、入社してから今もずっと感じています。これまで、複数店舗を経験したのですが、どこの店舗でもスタッフが優しいので働きやすかったことと、個人に紐づく販売ノルマがないので、店舗のスタッフ全員で頑張れる雰囲気も好きですね。私の場合は、“自分が働きやすい”と思えるところじゃないと続かないと思います(笑)。
Q3. ずっと続けられている理由は?
辞める理由がないんです(笑)。販売系の中でも特にアパレルはすぐ辞めて当たり前というイメージもありますが、ここはそんな感じではない。単なる接客員というわけではなく、お店の運営から携われるというか…、安いモノからから高級品まで、毎日いろんなアイテムを買い取ったり、タグ付けしたり、自分のセンスでディスプレイしたり、やることがいっぱいあるんです。だけど、それが本当に面白くて、毎日飽きない。それが続けられている理由ですね。
CLOSE
Q1. 主なお仕事内容は?
お店全体の管理をはじめ、商品の査定、在庫管理などを担当しています。当然、売れる商品が多ければ多いほど、売上も良くなります。だから、いかに魅力的な商品を集めるか。もちろんそのためには、買取をお断りしなければならない時もあるのですが、“ご納得して頂くまで、しっかりと理由を伝える”ことも大切な仕事のひとつです。あとは、いかにWEBやPOPにおける宣伝や売場内の陳列を工夫するかにも力を入れていますね。
Q2. 成長の勢いや業界の将来性を体感した瞬間は?
3年前のメディアに露出したときですね。お客様のリユースに対する期待値が高まったように感じました。それ以来、当社でもその期待に答えられるような取り組みを意識するようになりました。例えば、お買い上げ頂いた際の一礼、カウンター側に出ての挨拶といった「スタッフの対応」を改めて見直すようになりました。ほかには、「見やすく・探しやすい売場づくり」を目指し、こまめなメンテナンスも心がけていくようになりましたね。
Q3. 一緒に働きたいと思うスタッフは?
自分の意見を素直に言える人ですね。「こうしたい!ああしたい!」など、不満もどんどん言って欲しいなって。私は基本、はじめはスタッフの好きなようにお仕事を任せています。そして、終わった後に「こうした方が良いよ」とアドバイスすることで、意見交換ができたり…。きっと、その人の意識によって、いくらでも成長できると思うんですよ。そのいい例が、以前指導してたスタッフが店長なったとき。その時は嬉しかったですね!
CLOSE
Q1. 主なお仕事内容は?
主に3点あります。まず第一に、本社での決定事項などを受け取り、管轄している各店舗に的確に共有していくこと。その次に、店舗ごとの“個性”に合わせたお店作りのフォロー。そして最後に、現場の意見を私が受け取って、本社に伝えるということをしています。私も以前に店長経験があるのですが、当時の上司にならって、現場のスタッフが気づいていない部分を客観的な視点でアドバイスすることもありますね。
Q2. 入社以来、「今も忘れない思い出エピソード」を教えてください。
入社してすぐの頃、時計を購入されたお客様に箱を渡し忘れてしまって…。半年後、お詫びとともにやっと箱をお渡しできたんです。その時の「たった一個買っただけなのに、よく覚えてたね」というお客様からの言葉は忘れられませんね。それからは、異動先の店舗にも足を運んでくださるほど、ごひいきに利用して頂き、嬉しい限りです!そんなきっかけがあるから、今でもお客様への感謝を大切にしたいと思えているのかもしれません。
Q3. 今後チャレンジしてみたいことはなんですか。
現場スタッフの事前サポートの様なことをやってみたいですね。例えば、お客様に接する時のマナーや、当社に入社するにあたって覚えておきたいことなどを落とし込んでいくような事。ほかには、今はお洋服の業態ですが、また新しいリユースのビジネスモデルを見つけて、チャレンジできればと思っています。たとえば、今後高齢化社会になってくるので、少し年配の方向けのお洋服だけを集めて売ったら面白いんじゃないかなんて思うこともありますね!
CLOSE
Q1. 主なお仕事内容は?
出張買取や著名人・富裕層の方々からの買取、家具や不動産業者からの買取といった“特殊な買取”を、担当しています。それまでは、出張買取システムを確立することに注力していたんです。でも、時代の流れとともに「リユース」という言葉がどんどん広がっていき、次第に私の仕事内容も変わってきました。利益率のバランスを変えてでも、今まで買取れていなかったものを買取っていこうと。これは、「トレジャー・ファクトリー」ならではかもしれませんね。
Q2. 「買取」のおもしろみとは。
幅広いカテゴリーがあるので、新しい発見がたくさんあり飽きないところですね。例えば私の場合、楽器かな。実は私、すべてのカテゴリーの中で、楽器が一番苦手なんです(笑)。普段触らないし、ましてや弾けないけど、取扱わなければいけない。それに、買取るためにはある程度の知識が必要なわけで…。だから、知識が足りなかった分、今でも新しい発見がありますよ。そこに面白さを感じられる方は、向いていると思います。
Q3. リユース業界に対する熱い想いを聞かせてください。
リユースって“モノを捨てずに、もう一度命を吹き込んであげる”ことじゃないですか。それを、「誰もができるんだよ」ともっと伝えていきたいなと。そのために、まずお客様がどんな気持ちでそのモノを持っていたのかを、理解してあげないとダメだと思うんです。いろんな想いが詰まっているわけですから。そして、その想いもふまえ、「次に使ってくれる人がいる」という理由をしっかり差し上げる――それが、私たちの役割なんです。
CLOSE
Q1. 主なお仕事内容は?
人材開発部で採用や教育を担当しています。採用に関して言えば、採用の“事前準備”(ex.経営陣との年間採用コンセプト策定、説明会の企画・運営)から、“選考”(ex.学生さんとのスケジュール調整、グループ面接)、 “内定者フォロー”(ex.個人面談や懇親会)まで幅広く担当。経営計画にまで影響する仕事だけに責任重大ですね。仕事はとても楽しいです。しんどい事もありますが、一人ひとりの価値を認め、君が必要だと伝えてくれる会社なのでモチベーションを高めながら働けています。
Q2. 「トレジャー・ファクトリー」の魅力は?
新入社員の約80%が、社長や社員の人柄を入社の決め手に挙げています。私が店長だった時、店舗が好成績をあげて社長と食事会を行う機会がありました。社長はそこに両手いっぱいのビニール袋を抱えて登場。「社員は食事会に連れてきてあげられるけど、お店を支えてくれているのはアルバイトさんだから、このお菓子は皆さんにあげてください」とのこと。自分でお店までお菓子を選びに行ったそうです。そんな社長の作ってきた社風や“人を大切にする想い”が、弊社の一番の魅力だと思います。
Q3. 求職者の皆さんにひと言
自ら手を挙げる方を積極的に抜擢してきた弊社。そのため、熱い想いを持った方は大歓迎です。でも実は「やる気はあるけれど、まだ将来を決めかねている」という方にもオススメ。仕事をしながら自分の道を見つけ、店長/バイヤー/マネージャー等、多様なフィールドでキャリア形成していく働き方もアリだと思います。“仕事は自分たちで生み出すもの”という考えのもと、まずは接客力・マーケティング力・企画力等、幅広いスキルを磨いていきましょう。そこからチャンスは拡がっていきます。
CLOSE