情報開示方針

IR活動に関する基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に対し、企業情報を適時・適切・公平に開示することをIR活動の基本方針としております。
株主・投資家の皆様の信頼とご理解を得るため、積極的な情報開示・双方向コミュニケーションの充実に努めます。

情報開示の方法について

法令及び適時開示規則等に基づく開示事項については、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて開示を行っております。

沈黙期間

決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、当社は、各四半期(2月、5月、8月、11月)末日の翌日から決算発表までを「IR自粛期間」としております。当該期間中、当社の役職員は、決算内容に関してコメントすることや、質問にお答えすることを控えさせていただきます。ただし「IR自粛期間」中に、将来の見通しが大きく乖離する可能性があると判断した場合には、適宜修正・変更を含めた情報開示を行うこととしております。

免責事項

開示情報(当サイトの掲載内容を含む)のうち、過去の事実以外のものは、現在入手可能な情報に基づく当社の判断による将来の見通しであり、その内容を保証するものではありません。将来の業績等は環境の変化などにより、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。
また、開示情報(当サイトの掲載内容を含む)は、当社の企業情報をご理解いただくための情報提供のみを目的としており、いかなる内容も投資を勧める目的では開示されておりません。投資に関するご判断は、ご自身の責任において行われますよう、お願いいたします。