社長挨拶

株式会社トレジャー・ファクトリー 代表取締役社長 野坂英吾

株式会社トレジャー・ファクトリー
代表取締役社長

株式会社トレジャー・ファクトリー 代表取締役社長 野坂英吾

リユース業界のリーディングカンパニーとして
更なる飛躍を目指します。

1995年10月、150坪の倉庫に手描きの看板で「総合リサイクルショップ トレジャーファクトリー」1号店はオープンしました。当たり前のことを徹底することから新しいリサイクルショップが生まれると考え、1号店では「きれいに並べる」「値札を分かりやすく付ける」「丁寧な接客をする」という3つの当たり前を徹底することから始めました。

そして、4号店がオープンした頃に、「トレジャーファクトリーは人々に喜び・発見・感動を提供します。」という経営理念を作り、この経営理念のもと、常にお客様視点を第一に、店舗の品質とサービスレベルの向上に取り組んでまいりました。

当社は、2007年12月に東証マザーズに上場し、2014年12月に東証第一部に市場変更しました。現在では首都圏及び関西圏を中心に総合リユース業態「トレジャーファクトリー」と服飾専門リユース業態「トレファクスタイル」など複数の業態を展開しています。店舗展開に加え、インターネットを介して全国のお客様から買取を行う宅配買取やインターネット販売などのEC事業にも力を入れています。お客様の立場に立った工夫とサービスが、トレジャーファクトリーの成長を支える原動力となっています。

近年、地球温暖化などの環境問題を背景に人々のエコ意識は高まり、使える物を捨てずに再利用(リユース)するというライフスタイルが広まりつつあります。また、大量消費時代が終わりを告げ、新品、中古品を問わず、自分のお気に入りの一品を持ちたい、という消費者が増えてきていると感じています。このような中、一品モノであるリユース品を扱うリユース事業へのニーズは一層高まり、当社の役割もますます大きくなっていくと考えています。

当社は、これからも世の中の変化を敏感に捉え、新しいことに常にチャレンジし続けることにより、さらなる成長を目指し邁進してまいります。今後とも一層のご支援をよろしくお願い申し上げます。